はじめまして、ロンドン

はじめての海外生活がロンドン。 はじめての結婚生活がロンドン。 はじめての妊娠がロンドン。 はじめての出産がロンドン。 日本人永住カップル+息子の生活&食事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出産その後完結編

入院はトータル3泊4日。

出産後はすんなり普通の生活になると思っていたので
全て想定外。

何が起こるかわからない、人生も出産も。

私の入院していたロンドン大学附属病院では
新生児も同伴で入院。

腕には管を通しているので、子どもを抱く時、世話をする時
手の動きがぎこちないし、その手をかばってしまうから変な力が入って余計疲れる。

最初はミッドワイフが面倒みてくれるの?と淡い期待をしていたが、
ミッドワイフはあくまでもお手伝いをしてくれるだけ、
主体は母親にあるのです。。。。

病院の食事は昼、夜は選ぶことができます。
朝はコーンフレークとトースト&紅茶、これはセルフサービス。
大体、休憩室に上記の食べ物が置いてあります。
牛乳は冷蔵庫に。

食事はNHSにしてはまあまあじゃないかしら。

芋の国だけあって
芋料理はメニューの中に必ずあります。

面会時間は朝の9時から夜の8時半(夫または付き添いの場合)
その他は午後2時から夜の8時半まで。

体温、血圧測定は1日に数回,決まった時間にあった。

消灯は夜22時だったと思う。

私がキツかったのは英語での対応。
特に夜間。(夫が不在時)

疲れている上、産後の肥立ちが悪いのに
母国語が使えない。言葉ってとても重要で大切だなと。

それに、医学用語は日本語でも難しいし、体調を伝えるのが
どんなに難しいか。。。。

ただ、両家族(夫、私)の干渉がないから、あ、干渉って言っていいのかな。
色々と面倒なことがなかったから、その面では楽だった。

実家のハハが手伝いにきてくれてとても助かった。
それに、実母だから言いたいことストレートに言えるでしょ。

「むかつくんだよ~。」とか「も~~やめて~。」など。

義理の母だとそれは言えないし。

兎に角、両家の両親との距離感大切だな。

この話は次回に。

退院時は22時でした。というのもミッドワイフ不足と退院する人が
重なったため、結局昼から待たされ待たされ。。。さすが英国。

丁寧なところとかなりアバウトなとことが混在する国です。

自分で自分のことは守らないと。。。

これからは王子も。。。。。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/04(金) 04:03:12|
  2. 産後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジーパン

先日、思い切って出産前のジーパンに足を通すと。。。。。




なんとかはける!


う、うれしい。



が、


ジーパンの上にお腹が乗っている。


あちゃ~。


引き締めなきゃ。
  1. 2008/06/27(金) 10:28:47|
  2. 産後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出産その6

ミッドワイフの自宅訪問が終わった後、支度をして、
パートナーと王子と一緒に病院へ行く。

実家のハハには自宅待機してもらい、後ほど連絡すると
伝える。

病院へ到着し、レセプションに予約を入れていることを
伝えると、分娩室へと。

え?分娩室?

も~出産時の痛みを思い出す。

分娩室のレセプションに行くと、知り合いのミッドワイフが
何人も。
アジア人で叫びまくっていた妊婦は記憶に残っているのか、
「あら~どうしたの?元気」と聞かれる。
「具合悪いからきたのにさ~。」と思ったけど、ここは
ニコニコ笑顔で対応!

医者とミッドワイフに連れられ分娩室へ。

診察し、結果は、感染を起こしているので
抗生剤の投与が必要。

しかし、以前、赤血球の数値が低いので
検査し、その結果が7ポイントを下回る場合は
輸血する必要があるとのこと。

これを聞き、私は大泣きしてしまった。
産後の疲れが溜まっているその上、感染症、輸血。。。。
ドクター(女性)とミッドワイフがそっと手を握ってくれて
なんて可哀想なの。と。

その言葉にまた大泣き。産後うつと言うのか、精神状態が不安定で
なぜだかわからないけれど涙があふれ、頬に涙が伝う。

その上、付き添いは9時で帰って下さいと言われ、さらに
大泣き。どうか、どうか、家族と一緒にいさせて~!!!と
さらに泣き。

ドクターとミッドワイフの特例で分娩室で一夜を過ごすことを許可された。
というより、ベッドの空きがないからここで過ごして下さいとのこと。
ベッドが本当に開いていなかったのか、わからないけれど。

一安心したのか、私は少し睡眠をとった。

その後、検査結果を待つこと3時間。
時は、夕刻をとっくに過ぎ、夜中に向かっていた。

赤血球の数値は6ポイント、輸血をすることを同意して欲しいと
ドクターが言う。そして、このような結果になってしまい、本当に
申し訳ないと詫びられる。

またもや涙が流れてしまう。

やっとハハに電話するも、出ない。とっくに夜中を過ぎていたので
寝ていたのかと思ったら、連絡がないので心配になって家の周りを
歩き回り探していたとのこと。

このことを聞いて、またもや大泣き。

もう、泣いて泣いて、泣きつかれるくらい泣いた日。
その間、輸血&抗生剤が交互に投与された。

長く忘れることの出来ない一日だった。

パートナーはずっとそばにいてくれた。
王子も。

なんとか早く治って家に帰りたいそれだけだった。

翌朝、ミッドワイフが来て、一般病棟に移りましょうと。

いやいやながら病棟に車いすで移動する。

一つため息。
英語で自分の病状を伝えなければならない。
わからない。どうしよう。

これから英語との戦いが始まるんだなと。

つづく

  1. 2008/06/23(月) 21:46:34|
  2. 産後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

あと5キロが。。。

かなりやばいです。

体重あと5キロ戻らない。

出産後6ヶ月勝負というが、チョコだって甘いものだって
欲しくなるのよね~。

欲望に負けてます。

本日から自分を律しないと、今までの服が。。。。

腹筋、体操、食事制限。。。。

ストイックな生活にしなければ。。。。ストレスにならないように。

王子だってカッコイイmammyがいいに決まってるさ。

  1. 2008/05/21(水) 18:55:06|
  2. 産後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

入院中に必要な物

病院から入院中に必要なモノリストを母親学級でもらいます。

そのなかに書いてある、なしに関わらず私があったらよかったもの
など書いてみました。

*パジャマorネクリジェ  
前開きボタンがよかった。授乳するからね。

*薄手のガウン  
シャワーを浴びたりするのに便利。病院の中は温かいから薄手でOK

*スリッパ 
履き慣れているモノ。そして少しかかとがあるのが履きやすい。

*バスタオル   
シャワー浴びるからね。

*ピロー  
授乳枕や自宅で使っているクッション

*ウエットティシュ  
手を拭いたりするのに便利(日本から取り寄せました)

*便座除菌クリーナー  
神経質な人にはおすすめ(日本から取り寄せました)

*リップクリーム  
 病院内、乾燥しています。

*ティッシュ 
 備えあれば憂いなし、なので。

*ハンドクリーム  
やっぱり乾燥しているから。それに手を洗う回数も多いし。

*ハンドタオル  
 数枚常備しておくといいかも。タオル地のハンカチでもOK

*歯ブラシ、歯磨き粉

*マタニティーパッド   
悪露が出るし、清潔が一番、30枚以上は用意したほうが無難ブーツで購入できます。30枚以上購入しても後々使えるから。

*シャワー用品   
ボディーシャンプー、シャンプー、リンス

*ごみ袋    
洗濯物入れたり、吐き気があるときに使ったりと。

*ヘアーブラシ、髪留め  
髪の毛が長い人は髪留めがあったら便利。

*ディスポザールパンツ  
マタニティ用品(マザーケアーに売ってました)売り場に売ってます。 すぐ汚れるので多めに(10枚程度)あったらいいかも。後は古い下着で対応。

*マタニティーブラ 
(*ブレスパッド     私の場合は入院中必要なかった。退院後必要です。)

*退院用の服       
お腹が直ぐに凹むわけではないのでマタニティ服でOK

*携帯電話

*雑誌

*カメラ

*産後ニッパー      
日本から取り寄せました。出産後直ぐにお腹を引き締めた方がいいです。

*辞書
    
*筆記用具        
自分、子供の体調をメモることで、医師との問診で便利だと思った。

*ボディークリーム    
乾燥している国だからね。

*子供の服

*おむつ

*洗浄綿         
日本から取り寄せました。悪露の手当の時に便利でしたが、この国ではシャワーを患部に当てなさいと言うミッドワイフもいます。 兎に角、清潔が一番、私のように感染症を起こさないようにしてくださいね。

他にもあったら、また追加しますね。

あくまでも主観なので人によっては必要ないものもあると思いますので
それぞれでアレンジしてくださいね~♪
                     
  1. 2008/05/18(日) 03:21:07|
  2. 産後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

ようちゃん

Author:ようちゃん
私,ようちゃんと夫
我が家の王子Williamとの
3人暮らし
王子は2008年4月19日生まれ

ロンドン在住3年目
結婚生活、妊娠生活、海外生活、育児生活すべて
はじめてだけど、戸惑いながらも楽しんでいます。

ロンドンの日本人ママ、プレママ,同じ境遇のかたよろしく
お願いします。日本のママ、プレママもよろしく
おねがいします。

もちろん、今までの親友、友人、今以上によろしく
お願いします。

ご訪問される方ももちろんよろしくお願いいたします。

気軽にコメント残して下さい♪待ってます♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

ブログカテゴリー

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

FC2アフィリエイト

カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2アフィリエイト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

無料blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。