はじめまして、ロンドン

はじめての海外生活がロンドン。 はじめての結婚生活がロンドン。 はじめての妊娠がロンドン。 はじめての出産がロンドン。 日本人永住カップル+息子の生活&食事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GP 6weeks

6週間後の定期検診に火曜日行く。

待つこと10分

名前を呼ばれる。

診察室へ行く。

パートナーは呼ばれた特、

「あ、美人先生だ!」

声でわかるの?と思う私。

行ってみる。




あ、ホントだ。おとこのカンってす、すごい。


さ、さらに、うちの王子、自宅を出る前はかなり
ぐずっていたのに。。。。。

先生に診察してもらっている最中。。。。

鼻の下伸ばしてるし。。。。。。


それはパートナー似だね。


まだ一ヶ月なのに。。。。。男だわ、


ハハは先が思いやられます。

スポンサーサイト
  1. 2008/05/31(土) 05:06:48|
  2. 王子1ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すっぱい

Williamくん、なんだか臭います。


中学校のころに嗅いだことのある臭い%82%BE%82%A2%82%B7%82%AB%82%C1

それは、

部活動後の男子の臭い

なんだか

酸っぱい臭い。

すでに男の臭い。

一ヶ月過ぎの赤ん坊なのに。。。。。


特に首もとと手のひら。。。。。。


昨日沐浴したから今朝は良い匂いだけど。。。。
午後になると。。。。きっと。。。。。メンズ匂いがするんだろな。
ウィリアム。

不思議なことばかりです。
  1. 2008/05/29(木) 19:23:53|
  2. 王子1ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

登録

やっと、無国籍から有国籍の人になりました。

うちの王子。

英国国民となりました。

そして、ミドルネームは。。。。。。

William

ウィリアムです。

英国王室の王子から頂きました!

でも。。。。。

生粋の。。。。

Japanese

です。

後は、日本大使館で日本国籍を取得しなければ%82%A0%82%B9

手続きが大変です。

後、child benefitも申請しないと!

貧富の差に関わらず一律16歳まで、国からお金を
頂けるんです。素晴らしい!

NHSで出産であれば費用はかからない上、
養育費まで頂ける国、英国。
出産率が日本より多いのはうなずけます。

そして、push cheirを押しているお父さん、お母さんを
よく見かけます。

納得。

IMGP1102.jpg

寝顔は天使。。。。起きたら。。。。怪獣。。。。

最近は子供ネタばかりですね。

あまり外出していないので。。。どうしても。

外出と言えば近くの公園にお散歩&お買い物くらいで、
都心に住んでいるのに繁華街などは縁遠いですね%92%5B%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6
  1. 2008/05/27(火) 04:03:23|
  2. 王子1ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

そこは。。。

君のベッドではないよ!

自分のベッドで寝なさい!!鼻が北島さぶろ~似、ヘアースタイルはベッカムさ♪

IMGP1108.jpg
  1. 2008/05/21(水) 18:58:41|
  2. 王子1ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あと5キロが。。。

かなりやばいです。

体重あと5キロ戻らない。

出産後6ヶ月勝負というが、チョコだって甘いものだって
欲しくなるのよね~。

欲望に負けてます。

本日から自分を律しないと、今までの服が。。。。

腹筋、体操、食事制限。。。。

ストイックな生活にしなければ。。。。ストレスにならないように。

王子だってカッコイイmammyがいいに決まってるさ。

  1. 2008/05/21(水) 18:55:06|
  2. 産後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

入院中に必要な物

病院から入院中に必要なモノリストを母親学級でもらいます。

そのなかに書いてある、なしに関わらず私があったらよかったもの
など書いてみました。

*パジャマorネクリジェ  
前開きボタンがよかった。授乳するからね。

*薄手のガウン  
シャワーを浴びたりするのに便利。病院の中は温かいから薄手でOK

*スリッパ 
履き慣れているモノ。そして少しかかとがあるのが履きやすい。

*バスタオル   
シャワー浴びるからね。

*ピロー  
授乳枕や自宅で使っているクッション

*ウエットティシュ  
手を拭いたりするのに便利(日本から取り寄せました)

*便座除菌クリーナー  
神経質な人にはおすすめ(日本から取り寄せました)

*リップクリーム  
 病院内、乾燥しています。

*ティッシュ 
 備えあれば憂いなし、なので。

*ハンドクリーム  
やっぱり乾燥しているから。それに手を洗う回数も多いし。

*ハンドタオル  
 数枚常備しておくといいかも。タオル地のハンカチでもOK

*歯ブラシ、歯磨き粉

*マタニティーパッド   
悪露が出るし、清潔が一番、30枚以上は用意したほうが無難ブーツで購入できます。30枚以上購入しても後々使えるから。

*シャワー用品   
ボディーシャンプー、シャンプー、リンス

*ごみ袋    
洗濯物入れたり、吐き気があるときに使ったりと。

*ヘアーブラシ、髪留め  
髪の毛が長い人は髪留めがあったら便利。

*ディスポザールパンツ  
マタニティ用品(マザーケアーに売ってました)売り場に売ってます。 すぐ汚れるので多めに(10枚程度)あったらいいかも。後は古い下着で対応。

*マタニティーブラ 
(*ブレスパッド     私の場合は入院中必要なかった。退院後必要です。)

*退院用の服       
お腹が直ぐに凹むわけではないのでマタニティ服でOK

*携帯電話

*雑誌

*カメラ

*産後ニッパー      
日本から取り寄せました。出産後直ぐにお腹を引き締めた方がいいです。

*辞書
    
*筆記用具        
自分、子供の体調をメモることで、医師との問診で便利だと思った。

*ボディークリーム    
乾燥している国だからね。

*子供の服

*おむつ

*洗浄綿         
日本から取り寄せました。悪露の手当の時に便利でしたが、この国ではシャワーを患部に当てなさいと言うミッドワイフもいます。 兎に角、清潔が一番、私のように感染症を起こさないようにしてくださいね。

他にもあったら、また追加しますね。

あくまでも主観なので人によっては必要ないものもあると思いますので
それぞれでアレンジしてくださいね~♪
                     
  1. 2008/05/18(日) 03:21:07|
  2. 産後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

寝ない王子

全く最近はぐずりが多く、なかなか寝てくれないので
王子のハハは疲れてます。

最近胸のトラブルもあり、ハハは疲労困憊です。
その上、縫合部分も。。。。それでも王子は待ってくれません。

頑張りすぎないのがいいみたい。
あれもこれも欲張ってやろうとするとストレスになるから。。。

せめて、王子、化粧する時間ください。ハハはおしゃれしたいんです。

IMGP1096.jpg


こんな格好で寝てました、王子。器用です。
  1. 2008/05/18(日) 02:49:28|
  2. 王子0ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぴよこちゃん

IMGP1098.jpg


沐浴前の王子。

ぴよこ隊の一員です。

(あ~親ばか。。。。それにしてもガッツ石松に似ている。。。。) (T0T)
(誰に似ているんだろう。。。。写真うつりがいまいち。。。。。。)(><;)
  1. 2008/05/16(金) 15:30:09|
  2. 王子0ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハハの印

ハハの印。。。なのか?

妊娠線

幸いにも私、出来ませんでした。

予防をしました。

ニールズヤードのマザーオイル

これを入浴後、お腹周りにすりすり、刷り込む。

3ヶ月の終わりからはじめました。
妊娠線は一生消えないと聞いていたので、

そ、それはいやだ~と思い、

妊娠三ヶ月からニールズヤードのマザーオイルを入浴後お腹周辺にすりすり。

御陰様で妊娠線ゼロ!

妊娠中の皆様、ケアーは大切ですよ。




  1. 2008/05/16(金) 15:25:42|
  2. 産後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出産その5

一泊二日の入院中、会陰亀裂を縫合した部分に
若干の違和感があった。

ミッドワイフ、ドクターに確認してもらった所
問題ないといわれるが、うまく歩くことができない。

歩いた方がいいということで、洗面台に行き
自分の顔をみると。。。。。。

え~~~~~~~~。顔がむくんでいる。
悲しい。

太ももや膝下、指すべて通常の3倍。

この世の終わりかと思った。

今は通常に戻っているけどね。

促進剤と麻酔が大量に入っていたためではないかと
思われる。

面会時間にはパートナーとハハがお見舞いに来て安堵する。

ドクターが回診に来て、赤血球の数値がかなり低いので
輸血をしたほうがいいと言われたが、私は、感染の心配を伝え
拒否した。
その時は6ポイントしかなかった。確かに顔色は悪く、何時貧血を
起こしてもおかしくない状況だったかも。

ドクターがそれでは鉄錠剤を処方するので飲むようにとのこと。

一泊二日の入院生活を経て退院となった。

自宅へ戻るとどっと疲れがでたが、家事をしなきゃと意気込み
色々と片付ける。

しかし会陰部分は痛みを増し、腫れ上がっている。
やっぱりおかしい。翌日はミッドワイフが自宅に検診にくるから
伝えようということになった。

翌日、ミッドワイフに患部をみせ、尋ねようとしたところ、
infection起こしている可能性が高い、病院に電話したから
すぐ行きなさい、とのこと。

感染症起こしている~~~~。
ひえ~~~~~。大切な部分なのに。涙が出そうになる。

そして病院に行くと。。。。。

つづく
  1. 2008/05/14(水) 10:38:34|
  2. 産後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

出産その4

epiduralの効果は絶大!痛みがない!

痛みに弱い私には効果的な医療行為の一つ。

しかし、出産時間が長くなると言われていたが、
最初に感じた陣痛から26時間かかる出産とは。。。

子宮口は1時間で1センチ開くと言われていた。

促進剤と麻酔を使い始め、時計を見ると昼はとっくに過ぎていた。
ミッドワイフに何時ごろに生まれるかと聞くと(パートナーが聞いた)
夜の22時頃ね、と。

兎に角、大きくなったお腹はそのままにできないから。
早く生んでしまいたい、と、思った。

子宮口が最大に(10センチ)開くまでひたすら分娩台で待つ。

その間は、おしゃべりしながら時には寝てしまったりと、
麻酔前とは雲泥の差でした。

ただ、水以外は一切口に出来ない。
しかし、お腹が空かないので特に問題はなかった。

ただ、ベッドの上にずっといるのはしんどかったな。

定期的に脈拍、血圧、胎児の心拍数、陣痛をチェックして
いました。

そろそろ、子宮口が最大に開いているであろう、22時。
ドクターがチェックすると。。。。。。。
7センチしか空いていない。。。。。。

ま、まぢですか~~~~~。

うちの王子は何時出てくるの?????

日付が変わったくらいかなとドクター。

気長に待つしかなかった。

子宮口最大になったのは夜中の2時半は回っていた。

そこからはいきみとの格闘。

いきみは難しくなかった。そして痛くない!す、すばらしい!

パートナーはしっかり出産の様子を見ていたが、私はと、とても
自分のことながら見れなかった。

ミッドワイフから「to push beautiful!」と何度も言われた。
いきみの美しさってあるんかい~~と思ったが、それより
早く出したい~~~、そればかり。

そして3時50分、難産の上、男児出産。

しかしながら、一番心配であった会陰は自然亀裂を起こしていた。
これがその後、大変なことになるとは思わなかった。

後産があると思っていたら、ミッドワイフ、へその緒を綱を引くように引っ張り
胎盤を出していた。その光景に驚き。胎盤ってこんなに大きいんだと。

※ロンドン大学附属病院では一応会陰切開をする方針のようですが、
ミッドワイフに権限があるようで、それぞれのミッドワイフに一任して
いるようです。
私を担当してくれた、ミッドワイフは切開しない方針でした。

それからバースプランもミッドワイフから聞かれませんでした。
UCHでは積極的にお願いしたほうがいいのかもしれませんね。
自分のバースプランをミッドワイフに伝えればよかったなと思いました。

会陰の部分を縫合している間、ミッドワイフA,Bの
会話にはびっくり。

A「私、昔ソーイングしていたから縫うことは得意なのよ。」(縫合しながら)

私(え~~~そういうことじゃないよね。私の会陰は布じゃない!!)(心の叫び)

B「うんうん。貴方、縫い方上手ね!」

私(そんなところで褒めている場合じゃないでしょ。)

A「亀裂が結構大きいから大変だわ。」(みたいなこと言っていた)

私(なんだか縫合に時間がかかっているけれど、大丈夫かな。。。。)

縫合中、子供は体を拭いてもらい(この国は産湯につけることはない)
ビタミンKを注射してもらい、私は止血止めを打ってもらったが貧血気味。
出血量が多く思った以上に体力が消耗していた。

そして、恐ろしい一言。
ミッドワイフから「シャワー浴びなさい。」「さあ、起きて!」

貧血で起きれないことを伝える。
そのままの状態で数時間いると、再度ミッドワイフが
一般病棟に行くから、起きて自力で歩きなさいと。

む、むりだよ~~。貧血だから歩けないと伝える。
車いすに何とか乗り込み一般病棟へ移動。

貧血と出血量がひどいのでヘモグロビンの検査が
行われた。

検査結果は。。。。7ポイント。

その後、5ポイントまで下がってしまい、
医師からその処置について説明があった。

一泊二日の入院を勧められた。
英語もたどたどしいのに、そして子供と同室で
ケアーしなければいけないし。。。付き添いは午後8時半には
帰らされるし。。。。不安が募るばかりでした。

そして、産後の肥立ちがこんなに悪くなるとは
予想外でした。

つづく
  1. 2008/05/11(日) 17:06:48|
  2. 産後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

王子's kitchen

ほぼ、母乳で育てているのですが、昨日、
片方の胸が石みたいにガチガチに固くなり、
痛くて辛かった。

パートナーがミッドワイフに電話した所、
「パラセテモール(英国が大好きな痛み止め)飲み、患部を温め、
マッサージしなさい。」となんとも簡単な回答。

してみたものの、やっぱり改善されないので、
育児本とネットで情報収集し、食事療法とじゃがいもシップと
子供に吸わせることを知り、早速実践。

乳腺が詰まっていたみたい。

思い起こせば、チョコレートや高カロリーのモノ食べてたからなぁ。

でもでも、この国って高カロリーのモノしかないんだもん。
仕方ないじゃないと思うも、やっぱチョコどか食いはいかんと反省。

食事は日本食、じゃがいもシップはジャガイモの皮を剥きすりおろし、
小麦粉と混ぜ合わせスプーンですくっても落ちない程度であればOK.
それをキッチンペーパーの上にのせ患部に当てる。
3時間おきに私は変えてました。(5時間でいいと書いてあったけれど。)
あと、子供に吸わせたら、

な、なんと寝る前にはガチガチも取れました。

マッサージも殆どしていなかったので、するようにしました。

いや~出産後はトラブル続きです。
  1. 2008/05/09(金) 19:02:06|
  2. 王子0ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

体型

体重は妊娠中約15キロ増加。

それから、現在10キロ減ったが体型はまだまだ。

妊娠前の服が着れない。。。。
でも絶対着たい。

でもお腹すいてrich tea食べちゃうし。。。

あと5キロがなかなか痩せない。
お腹周りもタボタボ。

なんとかして2ヶ月で体型を戻したいと
思っているのです。

そして授乳するに都合いい服がない!!!
チュニック風、前あきの服、ゆったり目の
服が必要と思った。

取り急ぎエスニック風のワンピを購入した。
胸元をがばっと下げて授乳できる。

妊娠中に産後の服を数枚購入したほうが
よかったと。。。。

ゆったりめの服、必要です。
  1. 2008/05/08(木) 20:05:01|
  2. 産後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

出産その3

陣痛の痛みと笑気ガスで朦朧としていると、

人の出入りが激しくなってきた。

知らない間に右手には太い針が刺さっていた。
そして陣痛促進剤が点滴されている。

次に麻酔科医がやってきた。

パートナーにepiduralによる副作用について一通り説明していたらしい。
(私はまったく覚えていない。)
(パートナーとしてはもう、副作用の説明よりこの苦しんで騒いでいる妊婦に
早くepiduralを打って欲しい、そればかりだったそうです。)

副作用については分娩後、下半身が数日麻痺するかもしれない。頭痛が
あるかもしれない(その他もあるのかもしれないが、パートナーから聞いたのは
以上)とのこと。

了承を伝えると、 epiduralの準備に入った。

私は相変わらず痛みが来ると笑気ガスを吸い涙を浮かべながら
陣痛に耐えるばかり。

epiduralの針を挿入する時、既に午後1時を回っていた。

パートナーに寄りかかり、上体を起こしてもらい、病院の手術着に着替え
させられ、背中を消毒綿で拭かれる。

針が入る。
(出産前はそうとう痛いんだろうな~と思っていたが、、、、)

チクッとするだけで一瞬で終わり。
(なんだ、痛くないんだ。)

そして、麻酔薬が背中に入る。冷たい水が背中に入っていく感覚。

そうそう、私は完全なepiduralではなく、mobile epiduralという
一応、自由に動き回ることができるという麻酔を使いましたが、
実際は分娩台の上に固定されていました。

このmobile epiduralは動き回れるのでトイレに行けるという利点が
あると、母親教室で聞いたのですが、実際は動けないです。

トイレに行けないということで導尿をしました。

導尿も結果から申し上げますとカテーテルと入れる時
抜く時、どちらも痛くないです。

麻酔が10~15分くらいで聞き始めると、地獄(陣痛の痛み)から
天国(痛みがない)くらいの差です。

そろそろ、王子のご飯の時間ですので
この続きはまた。
  1. 2008/05/07(水) 10:57:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近

実家のハハも帰国し、3人の生活がはじまったのですが、

寝不足と傷口の違和感でなかなか精神的に肉体的に
元気になれず、子供は可愛いが、育児をパートナーに
任せっきりになってしまうことが多い。

傷口がすこしづつ良くなっているがまだまだのよう。

いつになったら違和感ないのかな。

明け方にこのブログを書いているが、王子は
「うがうがぐ~~~~。」と怪獣みたいな言葉を
発している。

王子は4.5キロあるので重い!!!
私の二の腕は日々成長中なのである。

IMGP1082.jpg


写真写りが良くない王子。寝る態度XLです。
おっさんみたいで。。。。生後2週間とは思えない。

はぁ。
  1. 2008/05/05(月) 14:17:49|
  2. 王子0ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出産その2

Midwifeに自宅待機と言われ、陣痛の痛みを
こらえつつ、タクシーにて帰宅。

ベッドの縁に頭を埋め、陣痛が来る度に
呼吸法で痛みを逃そうとするが、やっぱり辛い。

涙を浮かべながら「epdural」と叫び続ける。

その間、パートナーは陣痛の時間を計る。

時間は刻々と過ぎ、朝の8時になっていた。
意識は朦朧としていて自分が何を言っているのか
わからない。

パートナーには早く、病院連れて行って。
2分間隔の2分間続く陣痛がきているよね?と尋ねる。

あともうちょっと!と言われるけど、どのくらい待てば
病院に行けるのかと朦朧とする意識の中で聞いた。

あと2回きたら病院へ電話しよう。と。
この言葉に救われるも、痛みは増すばかり。

隣にある熊のぬいぐるみをつかみ、必死に痛みと格闘。

そして、ついに病院へ電話。
病院からOKが出たので、タクシーを呼ぶ。

その間も陣痛は押し寄せては引く。
顔はしかめっ面になり早く、病院に行きたい!そればかり。

タクシーが来るも、陣痛が来ると立っていることも出来ず
ハハとパートナーの肩を借りてどうにか乗車。

病院へ到着。

しかし、自力で分娩室まで行かなければならない。

この時に、ロンドンで生むことが本当に良かったのか
わからなくなっていた。

なんとかパートナーにしがみつきながら分娩室へ到着。

早速、血圧、心拍、胎児の心拍をチェックし、子宮口を
チェック。

すでに9時は過ぎていたと思う。

Midwifeから、「子宮口が2センチだから申し訳ないけど
自宅待機だわ。。。。。」

私「もう、痛くて帰れない。」(一応つたない英語)

パートナー「もう限界なんでいさせてやって下さい。」(涙目)

Midwife「無理よ。。。もう一度子宮口チェックするわ。」

私は痛みでもう涙、涙、早く出したい~~~~~~~!
というか病院にこのままいさせて欲しい!どうにかしてと心で叫ぶ。

Midwife「パラセテモール(鎮痛剤)(イギリスはこの薬が大好き、なんでもパラセテ
なんだよね)飲んで、お風呂につかって痛みを逃しなさい!」

なんとか、バスに到着しお湯を張り浸かってみるも、痛みが強く、
叫びながら数十分。パートナーは涙目。
(本人に後から聞きましたが、帝王切開にしてやってくれと言うかどうしようか
迷っていたそうです。)

Midwifeもその雄叫びにあきれたのか、分娩室に戻ってきてと言われ、
なんとか戻る。

そして分娩台になんとか上がる。

女医さんが到着。

私「もう、絶対家に帰りたくないの。病院にいさせて~Please!!!!!!!」(簡単な英語)

女医さん「わかったわ。そんなに病院がいいのね(笑)」

私「そうじゃないよ~~~~。生んじゃいたいんだよ~~~。」(心の叫び)

女医さん「子宮口チェックしましょうね。」

女医さん退出。

その時、神に祈りが通じたのか、Midwifeが子宮口をチェックすると、
出血が起きた!!!

その後はドクター(男性)が来て、再度チェックし、これは人工的に破水させ、
陣痛促進剤だというようなことを言ったようだ。
(意識が朦朧として英語が違う言語に聞こえるし、もう何も聞こえない状況)

あまりにも陣痛が辛いので笑気ガスを吸う。
意識が朦朧そして自分がトランスレーションしている感じ。

少しは気がまぎれるが、時間が経つと痛みは強くなり
これではもう限界。

私は叫ぶ「epidural,epidural,Please give me epidural!!!」

その時、以前、DVDでみた「9ヶ月」(ヒューグランド主演)を思い出す。
そういえば、「epidural」って叫んでいたけど、まさにそれだわ!!

出血の後はドクター立ち会いのもと、子宮口にナイフの用な器具が入り
破水、腿に生暖かい水が滝の用に流れそれを感じた。

そして、王子の頭を子宮口で感じた。
いきみたい。

ちょっといきんだ。

さらに生暖かい水が腿をつたう。

これからどうなるんだろう。。。。

笑気ガスを吸いながら天井を見ながら、周りの雰囲気を
感じながら、この先、本当に王子は脱出してくれるのか?

この痛みはどうなるのか?私はどうなるのか?

どうにでもなってしまえという気持ちといや、痛みが何十時間も
続くのなら、絶対麻酔だと思ったり、薄れ行く意識の中で
思うのであった。

つづく




  1. 2008/05/03(土) 13:08:49|
  2. 産後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ようちゃん

Author:ようちゃん
私,ようちゃんと夫
我が家の王子Williamとの
3人暮らし
王子は2008年4月19日生まれ

ロンドン在住3年目
結婚生活、妊娠生活、海外生活、育児生活すべて
はじめてだけど、戸惑いながらも楽しんでいます。

ロンドンの日本人ママ、プレママ,同じ境遇のかたよろしく
お願いします。日本のママ、プレママもよろしく
おねがいします。

もちろん、今までの親友、友人、今以上によろしく
お願いします。

ご訪問される方ももちろんよろしくお願いいたします。

気軽にコメント残して下さい♪待ってます♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

ブログカテゴリー

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

FC2アフィリエイト

カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2アフィリエイト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

無料blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。