はじめまして、ロンドン

はじめての海外生活がロンドン。 はじめての結婚生活がロンドン。 はじめての妊娠がロンドン。 はじめての出産がロンドン。 日本人永住カップル+息子の生活&食事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出産その2

Midwifeに自宅待機と言われ、陣痛の痛みを
こらえつつ、タクシーにて帰宅。

ベッドの縁に頭を埋め、陣痛が来る度に
呼吸法で痛みを逃そうとするが、やっぱり辛い。

涙を浮かべながら「epdural」と叫び続ける。

その間、パートナーは陣痛の時間を計る。

時間は刻々と過ぎ、朝の8時になっていた。
意識は朦朧としていて自分が何を言っているのか
わからない。

パートナーには早く、病院連れて行って。
2分間隔の2分間続く陣痛がきているよね?と尋ねる。

あともうちょっと!と言われるけど、どのくらい待てば
病院に行けるのかと朦朧とする意識の中で聞いた。

あと2回きたら病院へ電話しよう。と。
この言葉に救われるも、痛みは増すばかり。

隣にある熊のぬいぐるみをつかみ、必死に痛みと格闘。

そして、ついに病院へ電話。
病院からOKが出たので、タクシーを呼ぶ。

その間も陣痛は押し寄せては引く。
顔はしかめっ面になり早く、病院に行きたい!そればかり。

タクシーが来るも、陣痛が来ると立っていることも出来ず
ハハとパートナーの肩を借りてどうにか乗車。

病院へ到着。

しかし、自力で分娩室まで行かなければならない。

この時に、ロンドンで生むことが本当に良かったのか
わからなくなっていた。

なんとかパートナーにしがみつきながら分娩室へ到着。

早速、血圧、心拍、胎児の心拍をチェックし、子宮口を
チェック。

すでに9時は過ぎていたと思う。

Midwifeから、「子宮口が2センチだから申し訳ないけど
自宅待機だわ。。。。。」

私「もう、痛くて帰れない。」(一応つたない英語)

パートナー「もう限界なんでいさせてやって下さい。」(涙目)

Midwife「無理よ。。。もう一度子宮口チェックするわ。」

私は痛みでもう涙、涙、早く出したい~~~~~~~!
というか病院にこのままいさせて欲しい!どうにかしてと心で叫ぶ。

Midwife「パラセテモール(鎮痛剤)(イギリスはこの薬が大好き、なんでもパラセテ
なんだよね)飲んで、お風呂につかって痛みを逃しなさい!」

なんとか、バスに到着しお湯を張り浸かってみるも、痛みが強く、
叫びながら数十分。パートナーは涙目。
(本人に後から聞きましたが、帝王切開にしてやってくれと言うかどうしようか
迷っていたそうです。)

Midwifeもその雄叫びにあきれたのか、分娩室に戻ってきてと言われ、
なんとか戻る。

そして分娩台になんとか上がる。

女医さんが到着。

私「もう、絶対家に帰りたくないの。病院にいさせて~Please!!!!!!!」(簡単な英語)

女医さん「わかったわ。そんなに病院がいいのね(笑)」

私「そうじゃないよ~~~~。生んじゃいたいんだよ~~~。」(心の叫び)

女医さん「子宮口チェックしましょうね。」

女医さん退出。

その時、神に祈りが通じたのか、Midwifeが子宮口をチェックすると、
出血が起きた!!!

その後はドクター(男性)が来て、再度チェックし、これは人工的に破水させ、
陣痛促進剤だというようなことを言ったようだ。
(意識が朦朧として英語が違う言語に聞こえるし、もう何も聞こえない状況)

あまりにも陣痛が辛いので笑気ガスを吸う。
意識が朦朧そして自分がトランスレーションしている感じ。

少しは気がまぎれるが、時間が経つと痛みは強くなり
これではもう限界。

私は叫ぶ「epidural,epidural,Please give me epidural!!!」

その時、以前、DVDでみた「9ヶ月」(ヒューグランド主演)を思い出す。
そういえば、「epidural」って叫んでいたけど、まさにそれだわ!!

出血の後はドクター立ち会いのもと、子宮口にナイフの用な器具が入り
破水、腿に生暖かい水が滝の用に流れそれを感じた。

そして、王子の頭を子宮口で感じた。
いきみたい。

ちょっといきんだ。

さらに生暖かい水が腿をつたう。

これからどうなるんだろう。。。。

笑気ガスを吸いながら天井を見ながら、周りの雰囲気を
感じながら、この先、本当に王子は脱出してくれるのか?

この痛みはどうなるのか?私はどうなるのか?

どうにでもなってしまえという気持ちといや、痛みが何十時間も
続くのなら、絶対麻酔だと思ったり、薄れ行く意識の中で
思うのであった。

つづく




スポンサーサイト
  1. 2008/05/03(土) 13:08:49|
  2. 産後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ようちゃん

Author:ようちゃん
私,ようちゃんと夫
我が家の王子Williamとの
3人暮らし
王子は2008年4月19日生まれ

ロンドン在住3年目
結婚生活、妊娠生活、海外生活、育児生活すべて
はじめてだけど、戸惑いながらも楽しんでいます。

ロンドンの日本人ママ、プレママ,同じ境遇のかたよろしく
お願いします。日本のママ、プレママもよろしく
おねがいします。

もちろん、今までの親友、友人、今以上によろしく
お願いします。

ご訪問される方ももちろんよろしくお願いいたします。

気軽にコメント残して下さい♪待ってます♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

ブログカテゴリー

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

FC2アフィリエイト

カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2アフィリエイト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

無料blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。